読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気づかないふりして隣にいたい

きのこ帝国


ART-SCHOOLのツアーゲストでライブを観たのがちゃんと聴いたのは初めてだったと思う。
もちろん覚えているけど、
正直あんまり印象にない、
ピン来てなかったんだと思う。
ARTの木下さんが結構前からベタ推ししていたので、
Youtubeとかも観ていたと思うんだけどこれも正直ピンと来てなかった。


でもいま新しいアルバム『フェイクワールドワンダーランド』をずっとリピートしてる。


すごくいい。


一度入ってしまえばこちっちのもの、
過去のものも何だろう、
すんなり聴けるような気がする。

もちろんちゃんと聴いていなかったというのもあるし。

先入観もあるとおもう。

少なくともとっつきやすくはない。
過去の作品と比べると大分入りやすくなっているようですね。


なにしろ『東京』という曲がすごくいい。


きのこ帝国 / 東京


うーん前にも聴いたけどそまで気にかからなかったのに、
アルバムを通し聴いたときものすごくすきになりました。
すごくよく聴いています。
というかこのアルバムが全体的にいいですね。

ギターの音歪み方とかもすきだな、ベースも。
今まで引っかからなかったのが不思議なくらい馴染んでる。

これはメロディーの力が大きいと思うんだ。

過去の作品をまだ聴いたわけじゃないけど、
聴いてみたくなった。


何度も書いているけどわたしはメロディーが立っているものがすきです。
分かる人にだけわかればいいというスタンスものにあまり興味がないですし、
それを理解できる頭(耳)を持ち合わせていないので。
(もちろんそういうコアな音楽に対して否定的ではないです。好みの問題なので。)


じゃあものすごく分かりやすいものがすきかというとそういうわけでもなく…


少しとっつきにくぐらいのところから、
グッとつかまれるとより深くすきになります。
そういう瞬間がたまりませんね。


…なんかめんどくさいヤツですね。


ではまた。